LiteBIRD: Lite (Light) satellite for the studies of B-mode polarization and Inflation from cosmic background Radiation Detection

装置

LiteBIRDの外観については、こちらのスライドをご覧ください。

LiteBIRDの基本設計思想は下記の2点である。

  1. 1) 大角度スケールでのCMB偏光Bモード検出に最適化された衛星を設計する。感度に関する妥協をせず、目的を絞って確定検証を行う。
  2. 2) 1度未満の角度分解能を要求しないことにより、軽量化、小型化をはかる。これにより、打ち上げのチャンスを増やす。

主な仕様は以下のとおりである。

項目 仕様
衛星運用期間 観測期間3年(目標値)
軌道 Sun–Earth L2点(オプションとして近地球の太陽同期軌道も検討)
冷却系 赤外線天文衛星SPICAの予冷方式と同様、冷媒を使用しないで、放射冷却と機械式冷凍機(スターリング冷凍機とJT冷凍機)で冷却。打ち上げ後スペースで冷却。焦点面を0.1Kに冷却するためADRを用いる。
焦点面検出器 約2000素子からなる多色超伝導検出器アレイ(TESまたはMKID)
観測感度 2マイクロケルビン・分角
検出周波数 50GHzから320GHzで6バンド。
変調・復調 衛星全体を回転。更に回転半波長板による変調を加える。

ページ先頭へ戻る